‘素材’ カテゴリーのアーカイブ

新たな現場がスタート

2012年2月14日 火曜日

守山にて新しい現場がスタートしました。

th_A20F8384

Sさま、ありがとうございます。

今回はシャビーchicになっていく為の基本造り?

また

ナチュラルな庭の要素も忘れること無く盛り込む事に。

今回使用する素材は

英国古レンガ/イギリス・アンティークレンガ

花壇、キッチンガーデンに使用いたします。

th_A20F8391

natural-be-naturalとして良く登場する素材

イギリスにて使用されていたレンガが海を渡って来ました。

アンティークということも有り、趣があります。

素材の持つ力ですね。

そして、硬質なライムストーン

th_A20F8389

タンブルと言う角を優しくする加工が施されています。

ヨーロッパから海を渡って来ました。

素足で歩いても優しく思います。

最後にヨーク・ストーン

th_A20F8390

こちらもイギリスよりやって来ました。

好きな素材一つ

ライムストーンの土間までのアプローチとして使うことに。

どの様なバランスに仕上がるか楽しみです。

今日は板塀を設置する為の基礎工事。

フェンスブロックを据え付ける為の穴掘り

th_A20F8393

雨が降り出す前に穴掘りを完了

th_A20F8395

さて、どんなにお庭になるのか

楽しみです!

あと、お客様の笑顔を見ることも・・・

古材/antique oak

2012年2月2日 木曜日

先日の古材/antique oak

少しワイヤーブラシにて磨き塗装をしてみた。

ナイロンのワイヤーで磨く前とその後

加工前は

th_A20F7077

このような感じだった物が

磨くと下の写真のように

th_A20F7198

画像ではわかりにくいですが

汚れも取れ、表面の木目もはっきりしてきました。

th_A20F7197

このoakに自然塗料を塗っていきます。

th_A20F7199

凄く深みがあって何とも良い感じになっていきます。

th_A20F7200

なんだか別物に!

th_A20F7203

すべてを2回、塗り重ねました。

今回使用の塗料はLivos KALDET clear

このリボス・カルデットは浸透性着色オイル

ドイツ生まれの自然健康塗料です。

家具など直接手などが触れるので

チョイスしてみました。

艶も少しマットな表情で私好みでして〜

さて、この状態で一度、お客様に見ていただこうかな?

スケジュールを合わせてお越し下さいませ!

シンプルな家具なのですが

完成がたのしみです。

古材/antique oak

2012年1月29日 日曜日

antique oakを使用して家具を造りたい!

今日はそんなお客様がお見えになりました。

ありがとうございます!

th_A20F7077

材木はこのオークを使用したいとのこと。

natural be naturalの事務所には数少ないですが

在庫がございます。

th_A20F7078

表情でおもしろいのが、この節であったり

夏目がへこみ、でこぼこした物でしたり

th_A20F7079

様々な要素があります。

エイジングにて雰囲気は造ることが出来ますが

元々の表情は真似しづらいと想います。

在庫ある物からの一品で決まります。

事務所に飾ってある物がございます。

th_A20F7083

飾り棚です

元々の表情を生かした物

自然塗料にて色に深みを出した程度です。

th_A20F7081

th_A20F7082

似たものは造れますが

一品物ですので他には存在しません。

th_A20F7084

ニッチのアクセント

一重に古材と言いますが

いろんな物がありますので

気に入った物があったときが出会いです。

みなさまも出会いを大切にして下さい。

古材を上手に表現、形にするところがあります。

ファクトリー・ツール

こちらではそうとう良い物が探せる、造る事が出来るでしょう。

antiqueのアイテム、照明であったり家具、イスなどはこちら

metal foundation/bolbowl

フレンチ・シャビーなアイテムも続々入荷しております。

おってblogにて紹介させていただきます。

良い出会いがあると良いですね!

一期一会!

海を渡ってきた素材

2011年11月12日 土曜日

海を渡ってきた素材

今回はイギリスよりのヨークストーン

乱形で貼るアプローチ

th_A20F4272

厚みがあり迫力があります!

どんなアプローチになるでしょうか。

海を渡ってきた素材

2011年7月29日 金曜日

海を渡ってきた素材

ジュラ紀の石でしょうか?

ライムストーンの割れ肌に細工を施してあります

th_A20F0163

角を丸くして柔らかな感じです

th_A20F0170

今日は森本パンツにすいせん手拭いで

石貼り職人

th_A20F0175

ジャワ鉄平石

2011年7月17日 日曜日

海を渡ってきた素材です

ジャワ鉄平石

日本には、諏訪鉄平石が有名ですが

th_A20F0845

ラフな表情がいいです。

大谷石と和良石

2011年7月12日 火曜日

大谷石と言う素材と

和良石と言う素材

どちらも日本の素材

th_A20F0051

和良石のテラスと回遊出来る大谷石

出来上がりました

th_A20F0053

th_A20F0062

どちらも素敵な表情をしています。

th_A20F0067

残りは植栽を待つのみ

和良石

2011年7月8日 金曜日

今日の素材

和良石です。

岐阜県が原産地です。

野面積み様を今回は使用です。

th_A20F7246

サークルテラスの作成です

th_A20F7277

th_A20F7272

落ち着いた表情の仕上がりになります。

大谷石

2011年7月5日 火曜日

みなさん、こんばんは!

日差し強いですね!

しかしながら、日陰に入ると

なんだか涼しいんですよ〜

私だけ?

湿度少なめでいい感じ〜

ーーーーーーーーーーーーーーー

大谷石

この素材は日本特有な石で

他の地では採掘出来ない石なんです

と 言うか 日本にしかないのです!

th_IMG_7049

効果、効能は沢山あるみたいです。

今回の石の使い方は

ちょっとしたステージと言うか

回廊庭と言うか、回遊庭と言うか・・・

th_IMG_7050

どんなになるかはお楽しみに

重さ約70キロ

迫力!

th_IMG_7055

大谷石独特の優しい表情

中に荒さも同居

th_IMG_7058

th_IMG_7069

大谷石はすべて並びました。

重かった〜

th_IMG_7071

10センチのステップが2カ所あります。

今度は、ストーンデッキです。

楽しみです!


海を渡ってきた素材

2011年6月20日 月曜日

みなさん、こんばんは!

今週は梅雨らしいお天気が続きそうですね〜

雨も降らないと、水不足になっちゃいますから

必要ですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海を渡ってきた素材!

はるばるイギリスからです。

th_IMG_4646

英国古レンガでお庭をコーディネイト。

草引きの事も考えスペースを工夫です。

th_IMG_4653

th_IMG_4897

古レンガの為、楽しみと言うか・・・

来てみないとレンガの表情が解らないと言う楽しみ?

・・・があります。

今回のレンガは凄く表情が豊かなレンガです! 満足!

th_IMG_4900

th_IMG_4903

完成までしばしお待ちください!

後日アップ致します!