2011年11月 のアーカイブ

果実の楽しみ方

2011年11月28日 月曜日

ヤマボウシの実

th_A20F5770

みなさんはご存じの方がお見えと思います。

赤く実り、クレーターの様なぶつぶつした物です。

この実、食すことが出来るんです!

そのまま召し上がっていただいても結構ですし

加工するのもよし。

ジャムなんか良いのではないでしょうか。

th_A20F5769

お庭に植えて収穫するにはいいんじゃないかな?

よくシンボルツリーで使われていますよ。

花も楽しめますし

落葉のヤマボウシであれば紅葉も楽しめ増す。

いかがでしょうか!

メンテナンス/剪定

2011年11月25日 金曜日

今日も引き続き剪定です。

お庭では綺麗な黄葉

そして紅葉。

少し葉が痛んでいますが

自宅で楽しめるのはいいものです!

th_A20F5687

カツラの木です。

th_A20F5689

こちらはヒメシャラです。

どちらもいいですね〜

そして

フェイジェアの実が落下しています

th_A20F5701

緑のまま落下です。

完熟していないの?

いえいえ、大先輩の教えで

自然落下で収穫期!

大きさがまちまちなのは仕方ないですね〜

th_A20F5704

収穫した物は

バナナ、リンゴと一緒にビニール袋に入れ

柔らかくなったら食べ頃です。

お庭の果樹園も楽しいかもしれませんね!

いかがですか?

メンテナンス/剪定

2011年11月24日 木曜日

今日は寒い!

風が強くぴゅ〜ぴゅ〜

木登りには向かないですね〜

というわけで剪定をして参りました。

th_A20F5677

木漏れ日の日溜まりでは

おことこおすけがひなたぼっこ

th_A20F5697

気持ちよさそうです!

剪定は年末まで続きますね〜

ありがたいことです。

森の自給自足

2011年11月22日 火曜日

自然界には無駄が無い

たくさんの光合成し栄養を育んだ葉

落葉して大地の栄養分となる。

微生物、などの手助けの後は

森の腐葉土に。

th_A20F5195

みなさんのお庭の落葉した葉っぱは?

見た目、風で飛んでいき、周りに迷惑が・・・

よくわかりますよ〜

でも

もし可能であるならば

落ちた葉の持ち主の根元に

そっとしておいてあげてくださいね!

風で飛ぶようであれば

バーク堆肥とかマルチングとか・・・

おすすめいたします!

植物の生命力

2011年11月22日 火曜日

ふと見かけた光景

植物の生命力には驚かされます!

なぜ選んだのだろうか?

th_A20F5365

BONSAI

2011年11月20日 日曜日

自然がお手本なBONSAI

th_A20F5132

th_A20F5193

th_A20F5273

すべてがお手本で無駄が無く

威厳があるような気がします。

少し荒れた山頂

2011年11月20日 日曜日

二回目のプチ悪天候

宮之浦岳

晴れていると景色がすばらしいらしいが・・・

これも自然だからね!

th_A20F5032

山頂のシャクナゲは

やはり背丈は低く、葉も小さく少し厚みがあるような・・・

th_A20F5036

花が咲く頃に見てみたい物です

th_A20F5043

th_A20F5046

幻想的で何ともいえない風景です。

これも結構好きだな〜

今回は24キロ、13.5時間、縦走完了!

自然に触れ、仕事に役立てたい物です。

naturalに!

豊かな森

2011年11月19日 土曜日

自然の豊かさ

この森には自然の摂理があり

豊かさを感じます

th_A20F5136

朽ちた木々は芸術を残し

次の木々に栄養を育み

無駄な物が無いような気がする

th_A20F5290

素直に凄いと感じる

一番、シンプルで

大切なこと

th_A20F5133

私たちは忘れてしまっているのかも!

海を渡ってきた素材

2011年11月12日 土曜日

海を渡ってきた素材

今回はイギリスよりのヨークストーン

乱形で貼るアプローチ

th_A20F4272

厚みがあり迫力があります!

どんなアプローチになるでしょうか。

ユリの種

2011年11月10日 木曜日

natural be naturalの事務所でのこと

置いてある植木鉢で一人生えのテッポウユリ

鞘がはぜ、中を見てみると

たくさんの種

三つある所の一カ所から種を取ってみた

th_A20F4258

これでもまだ残っていた

いったいどれだけ根を生やすことが出来るのだろう?

大量生産の確立は?

きっと自然界では少ないのであろう、憶測ですが・・・

守られていると発芽率はいいのであろうが

ある意味、植物は足が無いだけに

貪欲なのであろう!