2012年1月 のアーカイブ

ヨーロッパの石畳/パーキングエリア

2012年1月31日 火曜日

今日から駐車場の工事

下地のコンクリートは施工済みです。

今回はヨーロッパの石畳/ベルジャン路のスライス

実際に現地では道路に使われていた物

th_A20F7151

現地では塊・ブロックで使用されています。

その石を軽量化する為

使用する部分をカットして海を渡ってきます。

とても素敵な素材です。

th_A20F7147

英国古レンガ/アンティークレンガとの相性も良いことでしょう。

とても素敵な駐車場になることでしょう。

施工中の画像も見ることが少ないことでしょう。

少しだけ紹介を。

th_A20F7142

バサにノロ

私たちはそう呼びます。

バサとはセメントと砂を混ぜ合わせた物

ほんの少しだけ湿り気を!

バサで高さを調整します

プラスチィックハンマーで叩きます。

高さが決まったら次はノロ

ノロとはセメントを水で溶いた物

いわゆる接着剤的役目

軽く叩いて仕上がりです。

th_A20F7144

この工法は随分古くからのもの

このような行程をして石を貼り上げるわけです。

どの様になるか楽しみです。

provogue/ma+ 12W

2012年1月31日 火曜日

名古屋は大須にある

provogue/ma+

12Wのオーダーが今週末に開かれます!

th_A20F7167

気に入る商品は先行注文するしかありません。

どこにでも在庫があり選べる物ではありません。

町中で同じアイテムとすれ違うことは、ほとんど無い事でしょう。

th_A20F7168

th_IMG_3384

古材/antique oak

2012年1月29日 日曜日

antique oakを使用して家具を造りたい!

今日はそんなお客様がお見えになりました。

ありがとうございます!

th_A20F7077

材木はこのオークを使用したいとのこと。

natural be naturalの事務所には数少ないですが

在庫がございます。

th_A20F7078

表情でおもしろいのが、この節であったり

夏目がへこみ、でこぼこした物でしたり

th_A20F7079

様々な要素があります。

エイジングにて雰囲気は造ることが出来ますが

元々の表情は真似しづらいと想います。

在庫ある物からの一品で決まります。

事務所に飾ってある物がございます。

th_A20F7083

飾り棚です

元々の表情を生かした物

自然塗料にて色に深みを出した程度です。

th_A20F7081

th_A20F7082

似たものは造れますが

一品物ですので他には存在しません。

th_A20F7084

ニッチのアクセント

一重に古材と言いますが

いろんな物がありますので

気に入った物があったときが出会いです。

みなさまも出会いを大切にして下さい。

古材を上手に表現、形にするところがあります。

ファクトリー・ツール

こちらではそうとう良い物が探せる、造る事が出来るでしょう。

antiqueのアイテム、照明であったり家具、イスなどはこちら

metal foundation/bolbowl

フレンチ・シャビーなアイテムも続々入荷しております。

おってblogにて紹介させていただきます。

良い出会いがあると良いですね!

一期一会!

英国古レンガ/イギリス・アンティークレンガ

2012年1月28日 土曜日

今日はレンガ積み

英国古レンガ/イギリス・アンティークレンガ

昨日までの木曽石の石屋さんから素材が変わりました。

こちらの素材も趣があり、大好きな素材です。

今回はキッチンガーデンの土留め

駐車場のヨーローッパ石畳の見切り

車の輪止めを兼ねた花壇

立水栓に小さな階段の踏面

に使用いたします。

th_A20F7073

昨日までの現場の茶色表情に

英国古レンガの色が加わりました。

ほんのちょっとしたことなのですが

色が加わると、現場の雰囲気も変わってきます!

th_A20F7074

日本の石、ヨーロッパの石、イギリスのレンガ

そしてそして緑色の植栽

どの様なバランスになるか楽しみです。

私の頭の中のイメージがどの様に表現できるか・・・

お客様に私自身、楽しみです。

その後の石屋さん

2012年1月27日 金曜日

木曽石のアプローチ、ポーチが終わりました。

延べ5日間の工事

雨や材料追加調達などで長引きましたが

完了です。

手を付ける前の現場はと言うと

th_A20F5979

土が法面になっておりアプローチ入り口から

高低差1.3mありました。

6段の階段とポーチで1段

th_A20F7013

蹴上げの高さは、約15㎝

外部では出来るだけ蹴上げを低めに設定しております。

th_A20F6999

不揃いのパズルを並べ、やっと形になりました。

目地には山砂が入ります。

狭いところは苔、マンネングサとかを入れ

大きく空いた所は下草を!

th_A20F6994

立ち上がりの部分には常緑の下草。

足下にも植栽をして、石のゴツゴツ感を緩和します。

ナチュラルに!

th_A20F7010

手摺りはオリジナルのアイアン製手摺りを考えております。

不揃いのパズルの次は英国古レンガ工事。

イギリス・アンティークレンガでよく知られてますよね!

この素材もおもむきがあって素敵な素材です。

こちらは車止めや土間の見切りに

キッチンガーデンに使用します。

徐々に出来上がり、日々楽しい現場!

早く植栽を入れたい物です。

ナチュラルな庭、外構になあれ!

昨日の石屋さん

2012年1月24日 火曜日

着々と進む石工事

階段6段、ポーチの木曽石積み

手伝いに来ていただいている

同業の中村さんは

石の職人さんではないのですが

自然と接している機会もあり

かつ自然が好きな方ですので

自然と良い味を出してくれます。

なかなか良い積み方!

ナチュラル!

凄く助かりますね〜

th_A20F6864

現場と言うと

th_A20F6874

6段目の蹴上げの石積みまで完成

3tの木曽石を現場に入れました。

2.5t位で完成の予定でしたが・・・

石をより分けていくと・・・

なかなか似合う物が無く、底をつきました。

と、いうわけで木曽石を追加注文することに。

全総数は3t位で収まりますが

素性の良い子がなかなかね〜

見当たりませんでした。

無理矢理積んでもいい表情にならないし〜

現場の小休止となり、再開は木曜日から。

現場の休憩時間には客様のM様の心遣いで

th_A20F6879

暖まるティータイム!

ありがたいお話です!

ありがとうございます。

良い仕事をして、気に入っていただける仕上がり

現場の安全、片付け(当たり前の話ですが・・・)

心がけ、良い物にします。

Mさまの最後の笑顔が私たちの励みになります。

まだまだ現場は続きますが

よろしくお願いします!

natural be natural

2012年1月21日 土曜日

事務所、コンセプト、想い・・・の紹介。

th_A20F6853

ご覧に入れられる程の物でもございませんが・・・

細長い倉庫の中にツーバイフォーの工法を利用して

水回り、防水の悩みが無いので

自分で造るとしました。

th_A20F6849

打ち合わせ室と事務所の二間

六畳が二つです

事務所は4段ほどステップさせています。

th_A20F6858

テーマは{土足の部屋/古いヨーロッパ調}

庭仕事、家庭菜園を終え土足でくつろげる空間

仲間達との会話などが出来る空間

食事、お茶、お酒が出来る空間です。

子育てが終わり部屋数が余ってきたご家庭に

住宅のリフォームを提案できればいいな〜

th_A20F6848

打ち合わせルームはフェイクの暖炉ですが

お客様の所では暖炉に薪ストーブ

シンプルなアラジンストーブ

鋳物の鍋を掛け、ことこと調理を・・・

など、シンプルでエコ、飽きのこない物

楽しめる物、ほっと出来る物

良いのではないかと!

th_A20F6856

ニッチには古材を使い

バラなどの誘引に使用する麻のヒモ

植物の種、小物が

壁には漆喰を仕用

th_A20F6834

窓枠は木製でステンドガラス

自然素材でよりナチュラルに!

natural be naturalはよりナチュラル!

そんな庭造りをさせていただいていることから

“どうせならとことん住宅までトータルに!”

造り込む事が出来れば

よりバランスが取れ

庭作業などより楽しめるはずです。

こんな空間造り、リフォームはいかがですか?

outdoor からindoorまで

natural be naturalの店舗・事務所も変えていきたい

そんな気持ちでいっぱいです!

th_IMG_3632

住宅リフォーム/浴室

2012年1月21日 土曜日

住宅のリフォーム

浴室の改修工事です。

着々と進み防水工事手前までたどり着きました。

th_A20F6828

下地をしっかりと乾かしている最中です!

以前のデッキ水栓をやめ、壁からの蛇口に交換しました。

以前の水漏れ、蛇口のメンテナンスも容易になることでしょう。

寒い時期の風呂場の工事で

お客様にはご迷惑をおかけしております。

もうしばらくお待ち下さいませ。

素材/木曽石

2012年1月20日 金曜日

素材の紹介です

木曽石

th_A20F6770

th_R1014411

岐阜県中津川市周辺で採掘されています。

白亜紀後期の物で花崗斑岩です。

白色の正長石斑晶が入り

ざらついた茶褐色に浮き上がって見えます。

我がnatural be naturalも使う素材

なぜ? かと言うと

表面がざらついていて滑りにくい!

とてもナチュラルで

かつ、優しい感じ、表情がするから。

良く和風なお庭などに多用されています。

が!

据え付け方や植物の配置で自然な感じが・・・

th_IMG_3136

登山や渓流釣りをしている時に

”この自然、庭に持って帰りたいな〜”

th_A20F2119

と思ったりしてます。

洋風なお庭にも施工次第で合います。

今までの施工例の一部を紹介します。

th_IMG_3165

植物や木々の木漏れ日で雰囲気が!

th_IMG_2798

苔やシダと合わせたり

th_IMG_3128

湧き水を利用した水辺

th_IMG_3161

玄関へと続くアプローチ

th_IMG_5332

駐車場

などなど多用できます。

傾斜地の利点を生かして使用した際は

クレーン等、機械を使います。

th_R1014589

th_R1014594

th_R1014599

植え込む植物のことも考えると

セメントを使わないケースも有り

半分ぐらいは埋めてしまいます。

住宅地が傾斜地ですと欠点

と言う考えもありますが

利点にもなる、私は思います。

made in japanの石

いかがですか?

いろいろな据え方で雰囲気が変わると思います。

お試しあれ!

Build & Design Wellies

2012年1月20日 金曜日

Build & Design Wellies

株式会社 ウェリーズ

shapeimage_1

設計をしている千早氏

何とも個性的で重いっきり雰囲気がある住宅

私はむっちゃ好きだな〜!

ここまでやる住宅屋も少ないのでは?

また、そんな個性的な住宅の監督、管理している米本氏

凄いと思うよ!

まつわる職人さん達も!

以前、外壁エージングで施工に行きましたが

楽しすぎる!

みなさん、是非チェックして下さい!

おすすめです!