2012年2月 のアーカイブ

イギリス古レンガ

2012年2月28日 火曜日

今の現場で使用する

イギリス古レンガ

今回の物も当たりです。

なぜかと言うと

ものすごく表情が豊!

th_NBN_0421

この雰囲気は日本製では無理だと思います

規格化された日本製は十分にすばらしい物と思います。

しかしながら、お庭のアイテムとしては

私はこんな感じが好きです。

ふっと溶け込んでくれる様な表情

好きです!

今回のイギリス古レンガは花壇に使用

砂場、キッチンガーデン、ローズガーデン

th_NBN_0424

早く完成しないかな!

サンプル染め

2012年2月28日 火曜日

デザイナーさんに提示する

草木染め

サンプルの染めをやりました

今回はケヤキ、シマトネリコです。

材料の都合により2種類をチョイスする事に。

th_NBN_0408

媒染剤は鉄

th_NBN_0409

チタン

そしてアルミです

濃淡を付けてのプレゼンです。

それぞれの仕上がり具合は

th_NBN_0415

鉄媒染によるもの

th_NBN_0416

チタン媒染によるもの

th_NBN_0417

アルミ媒染によるもの

さて、どうなることやら???

お土産の5本指ソックスは草木らしく淡い色にしようかな?

後日、シマトネリコです。

染め物

2012年2月25日 土曜日

仕事の合間を見てやっている

草木染め

今回はケヤキです。

欅と言えば柱など住宅

家具などに使われています。

なんとも威厳のある樹木です。

どのような色が出るのでしょうか?

NETで色見本は見る事で来ますが?

いざ自分でやってみるのでは違いが有ります。

th_NBN_0365

細かく砕いた幹、表皮を煮出す事40分

琥珀色の透き通った染め液が出来ました。

今回は靴下にサンプル染め

th_NBN_0367

下処理を終えた物を染める事、合計で2時間弱

その間媒染にも時間がかかります

なんだかんだで半日はゆうに掛かってしまいます。

th_NBN_0383

染めた物の比較です

アルミ媒染の物となります。

草木の力が頂けそうです!

th_NBN_0377

こちらは生地のサンプル

鉄、アルミ、チタン、銅で媒染した物です。

自分なりの手法なのでNetなどの色見本とは違います。

木の状態も違いますし

そこが草木染めの良いとこでもあると思ってます。

そして

前回の桃のサンプル

th_NBN_0378

桃の実が空気で酸化した様な色です。

以前、夏の終わり頃に染めた時は

葉、小枝を生木の状態で染めました。

薄い山吹色と記憶してます。

全然違う色にびっくりです。

楽しいですね〜。

そろそろ、何かの活用、アクションを

起こしてみようかと!

安田農園/いちご

2012年2月25日 土曜日

つい先日、出先の帰りに

田原の安田農園さんを訪ねてみた

そろそろイチゴ狩りが出来るかと思い

”今日は出来ないよ〜”

2敗目

今までで、一番イチゴがおいしく思う農家さん

こだわった方なので、気に入った出来が無いと

やらないんです!

お客さんがやって来たら営業してしまいそうなんですが

やらないんです!

ゆえ、美味しいんですよね〜

th_NBN_0303

いつものごとくお話に花が咲き

ついつい長居を

おまけに試食させて頂いて!

美味かったな〜

お土産を買い、お裾分けを頂き

ぱくつきながら帰路につきました

次回はかならず!

安田農園さんでイチゴ狩り希望の方は

必ず電話してくださいね〜

090-8324-1727

必ず!

stone works

2012年2月22日 水曜日

今日は石工事

お庭に石の土間を造りました。

今回使用のライムストーンはおしゃ楽さんの材料です。

硬質のライムストーンにタンブル加工がされていて

素足でも柔らかい感じがすると思います。

th_NBN_0289

土間の中の穴ぼこは植栽スペースです。

少し変化が付けたいので、ちょっと遊び心で

石が乾いている表情と

濡れている表情

石のまちまちな色合い

th_NBN_0296

おもしろいですよね〜

th_NBN_0297

さてさて、どんなお庭になるのか

楽しみです!

染め物

2012年2月21日 火曜日

ブドウの幹からの染め液抽出もほぼ完成

30Lの水分を約9倍に濃縮

th_NBN_0250

どんな色の仕上がりになるのだろうか?

媒染、濃色剤などなどで

染め色をコントロールしてみます。

シマトネリコ、ブドウと2種類完成。

th_NBN_0246

次は桃の幹です。

細い幹ですが、細かく割っていきます。

th_NBN_0244

ほんの少量なのでどれだけ作れるかは・・・

とりあえず、やるしかないですね!

楽しみです!

整地

2012年2月21日 火曜日

昨日は石を貼る為の整地

お庭が道路の反対側に有る為

人力にての作業

寒い冬にはもってこいの作業です

th_NBN_0190

朝方に冷え込んだ事も有り

地面がカチカチ!

表土3センチぐらいは凍ってます。

久しぶりの感覚です。

こちらのお庭は粘土がちょっと強く

さてさて、どうしたものやら?

客土を入れる為に掘りたい物ですが

穴ぼこあければ、そこに湿気が集まる?

そんな訳で、土のレベルを上げてしまおうかと。

建物の布基礎の事も考え水勾配を取る事にしました。

どんなお庭になるのか、楽しみです!

剪定ガラからの染め

2012年2月18日 土曜日

剪定ガラから作る染め液

この前のシマトネリコは10倍まで希釈しました。

染め物をする時は、これを薄めて使ってみます。

今回はブドウの幹

宅地造成で畑を改良する際に出たもの

直径で12センチは有ろうかと言う老木

このまま捨ててしまうのは可哀想すぎましたので

頂く事に!

33センチの寸胴で3回に出し分ぐらいの

抽出材料が撮れました

th_NBN_0127

細かく砕き抽出しやすいようにしました。

灰から抽出したアルカリの液を入れ煮出しです。

アルカリ液はPH12.5も有りました。

th_NBN_0123

最初は約30L有った水分も似だす事5時間ほどで

半分ぐらいに!

ここで材料を出し、液を濾す事に。

後はストーブに乗せ、コトコトと煮詰め!

途中で染めてみた物がこれ

th_NBN_0115

ベリーAだったのかワイン色してます。

今回は媒染に銅を使用。

シマトネリコとの比較では全く異なる色。

たくさんの色を作ってみたい物です。

今後、どういう展開になるのか楽しみです。

Wood works

2012年2月18日 土曜日

デッキ、板塀工事が終了致しました。

今回はレッドシダー材を使用。

th_NBN_0086

フェンスの頭繋ぎに少し手間を掛け

施行性と強度を出すようにしています。

th_NBN_0088

建物に表情が有るので、凄く溶け込んだ気がします。

板のラフな面は外側にしてあるので

新設なのに落ち着いた表情です。

th_NBN_0104

デッキはリビングから出る事ができ

イギリス:アンティークレンガで作ったキッチンガーデンへ!

ちょっとした野菜を育て

お子さんに”ちょっとトマト採って来て〜”

などの会話が生まれる事でしょう!

残す植栽工事とコテ塗りはしばらく待つ事に

少し気温が上がってほしいですね。

th_NBN_0111

後少しで完成です。

Mさま、しばらくお待ちくださいませ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと調べてみました。

レッドシダーと言えば米杉です。

スギの名前が付けられ居ますが

スギの近縁ではないらしいです。

ヒノキ科のクロベです。

国内で言うとネズコになるんでしょうか?

岐阜県平湯地方に有ります。

ステイン塗装

2012年2月17日 金曜日

板塀とデッキ材の塗装です。

natural-be-naturalでは自社にて木工事もいたします。

材料の塗装はアウトドアーステインです。

多くの場合は油性の物を使用いたします。

水性の物も販売はされていますが、油性です。

th_NBN_0016

画像のような刷毛がホームセンターにて

販売されています。

塗りやすく作業性が良いので

みなさまもお試しあれ。

ステインの塗装は年に一度をおすすめしています。

やはり材木が長持ちいたします。

レッドシダー材にて、10年程度

使用しておられるお客様もいます。

少しの手間で長持ち!

がんばってみて下さい!

ここの物件では、小さなお子様がおみえなので

仕上げには自然塗料で仕上げます。

安心です!

先日完成したイギリス・アンティークレンガ立水栓

蛇口が変わりました。

そしてパンには玉石も入れました。

th_NBN_0018

玉石を入れることによって

水はねが少なくなる気がいたします。

見栄え的にも・・・