2013年1月 のアーカイブ

下地作業

2013年1月30日 水曜日

どの様な場面でも下地、下処理はあります

お料理にしても下ごしらえとか・・・

今日は進行中の現場

コテ塗りをする為の下地処理です

コテ塗りをしたときにでこぼこやブロック目地

ブロックなどの継ぎ目などを塗りつぶしていき、出来るだけ平らにします

th_KAZ_4408

下地に薄くモルタル?

下地専用の物を塗る前に接着、水分調整の為にブロックなどに塗ります

刷毛を使い塗り残しが無いように丁寧に!

th_KAZ_4412

結構な力で塗りつけ、押さえていきます

こうした下地処理をすると、コテ塗りをしても目立ちにくくなっていきます

th_KAZ_4447

進行中の現場も大体の形が出来上がり

完成に近づいて行きます

楽しみです!

完成した現場

2013年1月28日 月曜日

昨年末より始めさせて頂いた現場が終わりました

今回はリ・ガーデンです

以前は少し薄暗いイメージの現場でしたので

今回は明るいイメージで通られる方が気持ちいいように!

そして足運びが良いように

そんなコンセプトで始めました

th_KAZ_4355

玄関までのアプローチ

直線では無く変化を付け、直視を和らげました

th_KAZ_4345

ミストラルイエローは程よいタンブル(角を丸くする)加工がされており

自然な割り肌ですが、つまずく事が少なく、足運びも良い石だと思います

適度な色、サイズのまばら感が天然石だと強調しています

th_KAZ_4339

アプローチを歩いて行くと

イギリスアンティークレンガの部分があります

th_KAZ_4290

ウェーブを付けたレンガ積みの土留めに敷かれたレンガ

積まれたレンガの向こうは土が盛り上げられ花壇に致しました

レンガの敷き詰めた場所は、草引きを楽にする為の物

レンガとレンガの間には細かな砂利を入れ

色の変化を付けてみました

th_KAZ_4297

カナダ産のバサルトは今回、初のお目見え

グレーの石は濡れた時の表情や植栽によっての変化が楽しめます

少し荒々しい表情のバサルト

これから沢山、お庭造りに取り入れられそうな石です

ルーバーのパーテイション、植栽の為の物です

th_KAZ_4300

あまりお庭の面積は大きくありませんでしたが

盛りだくさんのアイテムや植栽を使わさせて頂けて

明るいお庭になったと思います

これからやってくる芽吹き

春が待ち遠しく思いました

早く春にならないかな〜

楽しみです!

快適になった畑の休憩所

2013年1月27日 日曜日

冷たい風が吹きました

春まで何度、寒波が訪れるのだろうか?

今日は畑の休憩所をより快適にする為の大工工事

屋根付きのウッドデッキを冬の間のみ風除けをする工夫を・・・

th_KAZ_4246

手前の板貼りの部分は、もとは倉庫でした

今はデッキになっていて、薪ストーブも設置してあります

片開きの扉にFIXの建具

th_KAZ_4252

すべて現場での製作で、現場に合わせた造りにしてあります

長年、お使い頂いているデッキなので、寸法にも狂いが出てきており

その箇所のサイズにあわせての加工となりました

th_KAZ_4266

まだ未塗装の板貼りの部分は、冬以外はルーバー状の手摺りになっています

簡単な造りで、取り付けやすく仕上げています

上部はポリカーボネートの3mmの物を使い、枠にはハードウッドを使用しました

形状がコンパクトに出来、強度も確保できています

その上の部分は、強風時に風を逃がす為にしてあり

今回は開口部分を全部、覆う事はやめておきました

薪ストーブの暖かい空気は逃げてしまいますが

輻射熱のおかげで結構な暖かさが確保出来ました

th_KAZ_4268

塗装を仕上げて完成となります

寒い畑仕事の昼食、休憩時のごろ〜んと寝転がる

なんだか、とても快適な畑ライフが出来そうです!

th_KAZ_4269

自分が畑をするようになったら、絶対に欲しい場所です!

楽しいな〜

木製品

2013年1月26日 土曜日

ウッド・パーテーション

今日は事務所にて材木を加工して製作です

ウッドデッキの材料として用いられる材

今回はセランガンバツ、通称バツ

今回はこの材をチョイス致しました

th_KAZ_4225

堅木で自分が思う良い点はと言うと

少しの手間をかけてあげると

堅木専用コースレッド(ネジです)でしっかりとして製品が出来るからです

ウッドデッキにはお客様からの要望が無いかぎり違う材をお奨めしますが・・・

このウッドパーテーションは先日、植え込みをさせて頂いた現場に納入です

ルーバー形状の物で、室外機の冷風、温風を逃がそうと思っております

さて、効果のほどは・・・?

楽しみです!

お庭の良いアイテム・木曽石

2013年1月24日 木曜日

今回の現場で使用する石

木曽石です

木曽石は岐阜県産の花崗岩で表面がざらついています

滑りにくく、苔が生した表情、色合いや形

とても自然な表情が特徴です

日本のお庭によく使われている木曽石

今回はアプローチと法面の土留めを兼ねた景石、石組に使用致します

th_KAZ_4213

植物が絡んだ表情、色合いが好きで、私もよく使う素材の一つです

山で転がっている感じをイメージし、植物が絡み合った表情を再現しようと思います

今回の法面も勾配がきつく、作業が楽しめそうです

th_KAZ_4210

迫力のある門柱があり、石と植物を絡めて迫力感を軽減しようと思います

アプローチは、アプローチ自体に勾配があり、また道路にもかなりきつい勾配があります

くねらせ、でも、足運びに支障が無いように

そして植物を身近に感じられる前庭に仕上げたいです

これから先の作業が楽しみです!

植え込み二日目

2013年1月22日 火曜日

予定の植え込みが終わりました

後は、追加工事の鉢植え、他を残すのみとなりました。

th_KAZ_4204

明るくなってお庭、アプローチに植栽

春が待ち遠しくなりました

足元も良くなり、明るくなり、植物の四季を通じた移り変わり

楽しみになった事でしょう、私もですが・・・

th_KAZ_4194

草引きを減らすべく今回のお庭造り

マルチングとの色も程よく対照的で、砂利の色も適度のまばら感

そして緑

th_KAZ_4188

くねらせたレンガも土の高低差を付ける為の物

お庭のアクセントになりました

th_KAZ_4191

今回、初アイテムでおしゃ楽さん取扱のカナダ産の石”バサルト”

濡れた表情は濃いグレーで常緑の植栽がマッチするような・・・

th_KAZ_4196

この現場に以前から植わっていた植栽

キンモクセイとスイセン

今回のお庭に使用しました

ちょうど、スイセンが咲き色を付けています

th_KAZ_4161

植え込んだ部分にはマルチングを施して行きます

保水効果と雑草の生え防止

でも雑草は生えてきますがね!

生き生きするお庭、そして植栽

やっぱり良いですね〜

植栽

そして、お庭の工事

残りの鉢植、ウッドパーテーションを設置して完成です

みなさんの笑顔が楽しみです!

わたしも楽しみ!

植え込み

2013年1月21日 月曜日

完成途中の現場

今日は植栽をすることに

th_KAZ_4151

植木屋さんで選んだ木々

ようやく現場に入り、イメージした絵に近づきます

今回は2日に分けての初日

植木と低木、下草の植え込みです

th_KAZ_4154

明るくなったお庭ですが緑が入ると

より生き生きとして見受けられます

th_KAZ_4157

白紙からプランしたイメージ

頭の中で出来上がっていても目に見えてくると良いですね

現場を見ている方々の反応も楽しいです

あと少しで完成

楽しみです!

素朴

2013年1月18日 金曜日

今回取り上げたのは

石けんです

th_KAZ_4138

たかが石けん、されど石けんです

世の中に多く出回っている物は洗った感がある

泡立ちの良い物が多く感じます

石けんを造る過程で量産性を考えた商品なのでしょうか・・・?

手造り石けん、弱アルカリ石けん

制作にあたって固まり、完成まで時間が掛かってしまい量産ベースにはほど遠いものがあります

が、手間をかけただけの事はありシャンプー、リンスいらずの生活が出来ています

手造り石けんのみで十分な感じで、リンスした髪より遙かに良い感じです!

時代の量産性、賃金に関する物と思いますが、良い物、本質は別世界

手間=お金ですが、良いとされている物

お金を使う前に考えられる物が沢山有るような気がします

のんびり構えて、楽しんで出来るといいな〜 と、思います。

ナチュラルに楽しみませんか?

めんどくさがらずに

楽しんで!

木曽石

2013年1月18日 金曜日

代表的な木曽石

今回の現場で使用します

th_KAZ_4147

道路の勾配がきつく、くねったアプローチに法面の景石

もってこいの素材かと思います

th_KAZ_4150

自然が沢山残る土地柄

出来るだけこの地に溶け込んで頂ける素材を選び

使用にあたって不自由ないよう造りたいな〜 と思います

苔が着いた表情も生かせれば幸い

完成が楽しみです!

同時進行の新しい現場

2013年1月16日 水曜日

同時に現場がスタート

境界ブロック、掘削とお任せをしている東名建材の村瀬氏

彼は私にとってのお師匠さんです

まだ、石屋しかしていない頃の知り合いで

この道、外構工事に導いて頂きました

その後、植物に見せられてお庭の工事にはまっていきました

今は、よりナチュラルでほっと出来るお庭が作れるように日々努力致しております!

th_IMG_0593

大きな敷地

半分は貸し駐車に致します

そして半分はお施主さまの駐車場へと・・・

th_IMG_0583

これだけの数のブロック積みは専門のブロック屋さんにお任せ

やはり、かなり手が早い!

専門は専門の持ち味で・・・

th_IMG_0579

今、施行している現場の切りが良いところで、こちらの現場に乗り込み!

レンガの門柱にアプローチの石工事

そして植栽工事となっていきます

今回の門柱はイギリスのアンティークレンガ

そしてnatural be naturalのイメージするアイアンゲートとアイアンフェンス

どの様な仕上がりになるのか、今から楽しみです!

さあ、どんどんがんばりますか!