2013年2月 のアーカイブ

久しぶりの休日

2013年2月27日 水曜日

今日はゆっくりとした時間が過ごせました

私のBlog内でも季節のめまぐるしい移り変わりが・・・

th_EPSN2088

暖かい日差しに囲まれてきました

一足先に少しの春が感じられたような・・・

英国古レンガと砂岩大判

2013年2月26日 火曜日

今日は小春日和

お客様宅の白梅も蕾が白くなってきました

三寒四温な今日この頃ですが、すぐそこまで来ているんでしょうか?

レンガの門柱も完成して、今日はアプローチの工事

th_KAZ_4770

レンガの門柱はイギリス古レンガの味が出ていて

笠木には砂岩を入れ、また古レンガを据え・・・

th_KAZ_4773

イギリス古レンガに塗装された建物躯体の後が

独特の雰囲気を醸し出しています

th_KAZ_4774

60cmの90cmの板石

インドの硬質砂岩

石が大きいので単調は貼り方でも迫力、存在感があります

スローなペースですが完成に近づいています

どんな風に植栽を合わせ、どんな風に・・・

楽しみです!

園芸大学

2013年2月24日 日曜日

今年初めての園芸大学

最近はお休みが続いていましたが、二ヶ月ぶりの大阪

th_KAZ_4740

朝はちょっとした雪国の風景

春は遠と・・・

園芸大学の講義は椿と植物ホルモンについて

椿は古代民謡学から見た講義

万葉集、現代に至っても少し寂しい歌が多いみたいです

なぜ?・・・

植物ホルモンの講義はホルモンの働きと利用方法

どちらも楽しく学ぶ事が出来ました

あと、2回で園芸大学は卒業

あっという間の3年間でした

来年からも掻い摘んで講義には参加しますが、一区切りです!

学んだ知識を、今後に活用できるよう復習しないといけないですね

th_KAZ_4750

立春も過ぎ冬景色から徐々に変わっていくこの景色

華やかな春がそこまで・・・

楽しみです!

イギリス古レンガの門柱

2013年2月22日 金曜日

引き続きのレンガ工事

イギリス・アンティークレンガ イギリスの古レンガの門柱を造っております

古レンガは素材のみで味がある商品なので門柱を造った時から雰囲気があります

th_KAZ_4729

この門柱にアイアンのシングルゲート、フェンスが取り付けられます

そして植栽・・・

まだまだ完成までは掛かりますが

楽しみです!

th_KAZ_4733

メンテナンス

2013年2月20日 水曜日

北風が冷たい一日

まだ春は遠いよ〜 って

今年初めてのメンテナンス

th_KAZ_4727

今日は散水ノズルと剪定です

散水ノズルを使用している場所の植栽たちも植え付け6年を迎えようとしています

本当に暑い時期のみの散水システムを使用しております

劣化したノズルや破損してしまった物

植物の成長に合わせて取り付け位置の調整も必要となりました

剪定は昨年にやりきれなかった所の仕上げ

待っていただき感謝です

道具を新しく仲間に加わったバスに詰め込み

がたごと、がたごと

楽しいや!

旧暦お正月明けのお餅つき

2013年2月19日 火曜日

旧暦のお正月は2/10?

いつも染め物やらなんやらでお世話になっている9A飯田氏

静岡にてお餅つきに招いていただきました

th_KAZ_4722

あけましておめでとうございます。

で、始まった飯田宅

薪釜で蒸されていた餅米がすっかり用意されていていました

th_KAZ_4723

古民家に薪釜、素敵なスタイルです

natural-be-naturalもいつかは古民家に移ります

と、意思がだんだんと固まってきます!

th_KAZ_4724

今回は5臼、つき手、男手が5人・・・女性3人・・・

玄米の餅つきは初めての経験

やはり精米済みの餅米より手強く、楽しかったです!

th_KAZ_4725

つきたての玄米のお餅を大根下ろしやそのまま・・・パクリ

のして、揚げて、おかきとか

庭先でフキノトウ、ユキノシタ、三つ葉で天ぷら

麦麹のお味噌におかき

どれも贅沢三昧

いや〜 楽しかった!

わがnatural-be-naturalでも出来る様にしたいな〜

その日が来る事が楽しみです!

季節の変わり目

2013年2月18日 月曜日

このところ、雨の日が多くなっていますね

季節の変わり目なのでしょう

th_KAZ_4709

現場は休みがちな今日この頃

お天気には逆らえません

となると・・・

最近、復活気味の銀塩カメラ

今ではデジタル化で撮影後、すぐに確認出来、役立っています

Blogを書いている立場からすると、大変役に立っていますが

フィルムカメラはフィルム一本撮り終えるまで、現像の仕上がりまで解りません

シャッタースピードがどお

絞りが・・・

そんな楽しみがあったように思えます

th_KAZ_4716

でも、こんな愉しみもかえって新鮮で楽しそうに思う

のんびりとカメラを片手にゆっくりとした時間を過ごす

いいな〜と思う、今日この頃で

めんどくさいと言えばそれまでですが

楽しみな部分があります

フィルムをスキャナーで取り込んでみるのもいいのでは・・・

わたしは、楽しいです!

海を渡って来た素材/英国古レンガ

2013年2月16日 土曜日

進行途中の現場

今日はレンガの門柱積みです

使用するのはイギリスのアンティークレンガです

th_KAZ_4700

natural-be-naturalではよく使用する素材の一つ

有るだけで存在感がます素材です

趣があり、今回組み合わされるアプローチの石

オリジナルのアイアンフェンスにシングルゲート

そして植栽たち

どれとも仲良くなってくれます

完成が楽しみです!

ピンコロ石

2013年2月13日 水曜日

今回の現場はマンションの外構

黒御影石のピンコロ積みです

th_EPSN2068

三段積みの花壇、ピンコロ石で

9センチ角の石をこつこつと1丁ずつ・・・

約1000丁の石積み

ブロックを花壇の内側に積み、土圧を避けます

今回は積み終わってから背面にモルタルを充填します

ピンコロ石は割り肌なので、目地同士が競り合うので

簡単には壊れません

植木の根が生長して壊す事は有りますが

一年草など小さな物であれば大丈夫です

お手軽な素材、みなさまも挑戦下さい

ここで

ピンコロとはなぜピンコロ? と呼ばれているのでしょうか?

サイコロ形だから? ぴん(角)がある小さな石だから?

何でしょうか?

小舗石として昔から馴染み有る石

名古屋では那古野、堀川辺りで目にする事が出来ます

ヨーロッパで見掛けた物ではローマで同じような大きさの舗石

真っ黒な物が使われていました

th_NBN_4112

少し大きいサイズの石ではあちらこちらで見掛けます

ベルジャン路もその一つでしょうね

長く使われる石

天然の物は古びた姿も素敵な物になります

楽しいな〜

解体

2013年2月13日 水曜日

昨日より建物の解体が始まりました

見守っているかのような、お地蔵様がにこやかでした

th_KAZ_4591

今回は必要な植木の移植です

施行するお庭以外に植え付けられます

この場所に造るお庭はモミジ主体の雑木の庭

お庫裏のお庭なので、来て頂ける方々が安らげるイメージに仕上げたいです

施行は来年の春、1年以上先のお話ですが、完成が楽しみです!

ゆっくりと時間を掛けてプランニング、打ち合わせをして行きたいです

楽しみだな〜!